きよひで内科クリニック・ブログ

水虫の夏

2019/06/04

紫陽花

こんにちは!

ごぶさたしております、薬子です。

 

最近めっきりあったかくなってきましたね~

というか、むしろ暑い。。。

 

暑くなってくると、痒くなってくるのが水虫ですよね!

私ももれなく両足に住まわせております( ̄∀ ̄)

 

今年こそはキッチリ治そう!

と決意も新たに皮膚科で水虫の塗り薬をもらってきました!!

 

ところで、水虫=白癬とも言いますが、

皮膚だけでなく爪にも菌がいるって知ってました?

 

ナ・ナント日本人の5人に1人は皮膚の水虫、10人に1人は爪の水虫だって言うじゃないですか〜〜〜〜(^◇^;)

2

(↑爪白癬)

 

爪が水虫になっても、本人としては爪の変形と変色程度で実害が少ないので、

放ったらかしにされている人も多いと思います。。。

でもですね!

爪水虫はいわば水虫菌のアリ塚のようなものです。

足水虫は塗り薬で良くなっても、アリ塚から水虫菌が菌糸を伸ばして足の皮膚に感染して、何度も足水虫を繰り返すんです。

 

この場合、「アリ塚」にいる水虫菌が害を及ぼすのは、足だけにとどまりません。

 

背中やお尻に皮疹が出来ている「体部白癬」、いわゆるタムシの患者さんの足をみると、ほとんどの場合、水虫菌がいます。

水虫菌はカビの一種です。

爪に長年水虫菌を飼っていると、お尻や背中など、体のあちこちにカビが生えてきます。

 

ちなみに、爪水虫になる過程はというと。。。

 

1.足の皮膚の角質に潜んだ水虫菌が、角質と一緒に剥がれ落ちる。

2.この水虫菌がついた角質を、温泉やプール、スポーツジムなどではだしで踏む。

3.自分の足に水虫菌が付着。

4.この時、足を洗えば水虫菌は落ちるが、付着したままになっていると、半日程度で感染。

5.皮膚に感染した水虫菌が、爪の先端や側縁から入る。

 

。。。こわやこわや。

 

プールに行くのも命がけですね!

 

でも安心してください、

公共の場所で水虫菌をもらっても、すぐに洗えば落ちます。

 

そしてきよひで内科では、お薬も色々取り揃えておりますよ!!

 

夏本番が来る前に!!

1-1
マニキュア映え爪にしておきたいものですよね!